ニュース

94001_s (1)

1: 病弱名無しさん 2021/01/20(水) 22:03:58.77 ID:moQAag499
ついに過敏性腸症候群の発生原因が特定されました。

過敏性腸症候群は一般には、食事をとると急にお腹が痛くなることで知られる「よくある」症状です。

これまでストレスや不摂生が引き起こすのではないかと言われてきましたが、詳しいメカニズムは一切不明でした。

しかし1月13日に『Nature』に掲載された論文によって、ついに生物学的・医学的な原因が解明されました。

いったい何が、私たちのお腹をゴロゴロさせ、トイレに駆け込ませてきたのでしょうか?

その原因は誤作動を起こしてしまった「ポンコツ免疫」のせいでした。


※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
https://nazology.net/archives/80044

139: 病弱名無しさん 2021/01/20(水) 22:58:15.50 ID:ByDSli3G0
簡単に言うとマウスに食中毒起こす菌と卵食わしたら
その時できた免疫システムが卵だけでも反応するから
これが原因だーという大発見です
抗ヒスタミン剤で治るらしい

11: 病弱名無しさん 2021/01/20(水) 22:07:01.31 ID:7Tc17PBT0
え、まじか
だからただの胃腸薬飲んでも効かなかったのか
抗ヒスタミン薬ってドラストで売ってる?

>>続きを読む

2533703_s (1)

1: 病弱名無しさん 2020/04/25(土) 21:29:12.48 ID:IvQSD4ux9
春の食卓を彩るグリーンピースが旬を迎えている。エンドウの未熟な豆で、サヤは食べられず中の豆だけを食べる。エンドウは成長段階で名前や食べ方が異なり、若い苗は豆苗(とうみょう)、若いサヤごと食べるのはサヤエンドウ、成熟した豆はエンドウ豆と呼ばれる。

シュウマイや天津飯に彩りなどを添えるアクセント、グリーンピースご飯、サラダやスープなどに使われる。タンパク質やビタミン類が豊富に含まれ、特に食物繊維は野菜類の中でもトップクラスだ。

※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58398730T20C20A4SHJ000/

2: 病弱名無しさん 2020/04/25(土) 21:30:35.19 ID:8SG72aiM0
大豆とグリーンピースあれば生きていけそうだね

5: 病弱名無しさん 2020/04/25(土) 21:31:40.55 ID:gjG/c48z0
シュウマイのグリーンピースは蛇足


>>続きを読む

1296321 (1)

1: 病弱名無しさん 2020/05/01(金) 21:19:38.73 ID:2kqibOy69
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00071947-gendaibiz-sctch
■MRIの画像検査でわかった
 米国・ロサンゼルス・UCLAのEmeran Mayer教授らがGastroenterologyに発表した研究で、過敏性腸症候群患者の脳には器質的な変化があり、
心因性だけのものではないことを明らかにしました。

教授らは中程度の症状の過敏性腸症候群と診断された女性患者55人と、患者たちと比較対照するための同年齢の健康な女性48人を被験者にして、
MRI(磁気共鳴イメージング)を使用して大脳の画像を詳しく調査しました。
その結果、過敏性腸症候群患者の脳では前頭前皮質内側部、前頭前皮質腹外側部、後頭頂葉皮質、腹側線条体、視床などを含む
広範な領域の灰白質の密度が減少していました。

教授らによれば特に痛みを最大の苦しみとしている患者に、上記エリアの密度の減少が見られたということです。
一方、不安や抑うつと関連している脳の領域に関しては、過敏性腸症候群患者と健康な人に違いはありませんでした。

また、同じく慢性痛に悩んでいる線維筋痛症の患者では、痛みの信号そのものが増加し続けるのに対し、過敏性腸症候群の患者では
腸から送られてくる痛みの信号を大脳自体が増幅している可能性が大きいこともわかりました。

教授らは今後、患者の家族の脳を調査し過敏性腸症候群の遺伝的要因が特定できれば新たな治療の道が開けるのではないかとしています。

4: 病弱名無しさん 2020/05/01(金) 21:20:22.37 ID:rDpSN/jY0
どうりで屁が止まらないわけだ

45: 病弱名無しさん 2020/05/01(金) 21:38:32.46 ID:Rb0hyQWw0
>>4
屁で済めばいいぞ。
よし通れで下痢が止まらない人もいるんだろ?

>>続きを読む

741a62d070b460f2bb6d37bf2cc64227_s (1)

1: 病弱名無しさん 2020/03/26(木) 21:09:40.20 ID:nb4Sc8849
「これまでにもさまざまな機関の研究で、食品添加物の発がん性などが問題視されてきました。近年、着色料や保存料、人工甘味料などから、腸に悪影響を与える物質が海外で続々と報告されています」

こう話すのは管理栄養士の圓尾和紀さんだ。腸内細菌は私たちの免疫力をコントロールしてくれるなど重要な存在であることがわかってきているが、その腸内細菌が、食品添加物によって脅かされてしまうのだという。

「よい腸内細菌が活発になれば、体が元気になります。逆に腸内細菌が減退すると、病気や精神的に落ち込む原因となるなど悪影響が出てきます。腸内細菌が私たちの健康をコントロールしているといっても過言ではありません。現在の日本では多くの食品に食品添加物が使われています。保存期間が長いもの、彩りが鮮やかなもの、カロリーオフをうたうものなどを食べすぎると、腸内環境が悪化し、免疫力の低下を招いてしまうのです」(圓尾さん・以下同)

こうした腸内細菌にダメージを与える食品添加物は、私たちが日ごろから何げなく食べているものに多く含まれているという。

腸内環境を特に悪化させることがわかっている食品添加物は、人工甘味料、保存料、発色剤、乳化剤。

人工甘味料は合成して作られた甘味だ。

【人工甘味料】食品に存在しない甘味をつける化学合成物質

<添加物名:サッカリン>
添加されている主な食品:漬け物、ガム、魚介加工品(かす漬け、味噌漬け、醤油漬け)、たくあん、つくだ煮、煮豆、缶詰など

<添加物名:スクラロース>
添加されている主な食品:カロリーオフの飲料(缶コーヒー、乳酸菌飲料)や食品、漬け物、コンビニの菓子パン、グミ、キャンデー、のど飴など

<添加物名:アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物>
添加されている主な食品:カロリーオフの飲料(糖質ゼロの清涼飲料)や食品、ガム、プリン、ゼリー、ミントタブレットなど

「人工甘味料をマウスに与えたところ、砂糖を与えられたマウスよりも血糖値が上昇。そのマウスの腸内細菌を無菌マウスに移植したところ、無菌マウスでも同様の血糖上昇が生じたことから、腸内細菌が関わっていることが示されたという報告があります。これらの食材を食べ続けると、人間の腸内でも何らかの影響が発生すると考えられます」

<添加物名:アセスルファムK>
添加されている主な食品:カロリーオフの飲料(糖質ゼロビール、発泡酒ほか)、漬け物、梅干し、グミ、ガム、ゼリー、豆乳など

「動物実験で、リンパ球の減少が認められています。リンパ球が減少すると、免疫力が低下します。腸内環境と免疫には、深い関係があります」

人工甘味料は使用する糖分を減らせることから、カロリーオフや糖質ゼロをうたうものに多く用いられる。

「健康なマウスに人工甘味料の『スクラロース』を与えたところ、健康面でよい細菌が減少したという報告があります。同様の実験をヒトで行ったところ、マウスと同じ影響が確認されています。また、『サッカリン』『アスパルテーム』においても、砂糖を与えられたマウスよりも血糖値が大幅に上昇したことが示唆されています。カロリーオフを目当てにしているのに、これでは本末転倒です」

糖質がゼロだから安心だと摂取し続けていると、私たちの健康な腸内細菌はどんどん侵されてしまうのだ。腸内環境を守るためにも、食品表示に注意する習慣をつけよう。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00010008-jisin-soci

2: 病弱名無しさん 2020/03/26(木) 21:11:27.05 ID:UmQhof+X0
インスタント食品にテンコ盛り使ってるやつですね^^

23: 病弱名無しさん 2020/03/26(木) 21:16:00.99 ID:2TFDHftk0
>>2
飲料水に多い
カロリーゼロとか

>>続きを読む

28b33a54eacbe8d455f92ec66ad65133_s (1)

1: 病弱名無しさん 2019/10/26(土) 22:24:09.22 ID:cAZIVVTR9
『医者も驚いた! ざんねんな人体のしくみ』(工藤孝文著、青春出版社刊)は人体のちょっと“ざんねん”なところをまとめた一冊です。

本書から人体の興味深い仕組みをひとつ、ご紹介しましょう。

「おならを我慢しすぎると口から出る」。そんな噂を聞いたことはありませんか?
冗談のような話ですが、それはあながち嘘ではないようです。

そもそも「おなら」とは、腸内で発生した二酸化炭素、メタン、硫化水素などのガスが、お尻の穴から出たものです。
しかし実際には、おならを我慢していないときでも私たちの口からは、この、おならの元となるガスだったものが呼気となって吐き出されているそうなのです。

なんともショッキングな話ですが、普段吐き出す息からはおならのニオイはしませんよね。
腸内で発生したガスの一部は腸管から吸収され、血液に乗って体内を巡り、肝臓へ送り届けられます。すると、肝臓によって無臭化され、さらに肺に届けられ、そこで呼気に交換されて、口や鼻から身体の外へ放出される仕組みです。

そのため呼気からはニオイがしないことが普通ですが、おならを我慢し続けていると話が変わります。
血液によって届けられるガスの量が、おならを出さないことによってどんどん増えてしまい、肝臓は対処しきれなくなります。すると肺へ届くガスもいつもよりきついニオイになり、最終的に呼気にもニオイが出てしまいます。
つまり、口臭が強くなるのです。

おならを我慢することで口臭がひどくなるなんて、なんとも「ざんねん」な事実ではないでしょうか。
本書にはほかにも、「タンスの角に足の小指をぶつけてしまう医学的根拠」や「年をとると、眉毛の数本だけが長く伸びてしまう…」など、ちょっと不思議で「ざんねん」な話が満載です。
文字通り“身近”でありながら以外と知らない自分の体、驚きと少しのガッカリを楽しめること請け合いの一冊です。

https://news.livedoor.com/article/detail/17290639/
2019年10月26日 20時0分 新刊JPニュース

3: 病弱名無しさん 2019/10/26(土) 22:25:35.77 ID:btCu2iKA0
授業中やテスト中におならがしたくなったとき どうしたら出なくなるか?
それを教えてくれ

6: 病弱名無しさん 2019/10/26(土) 22:27:31.27 ID:Oh64/k/A0
>>3
無音で出せばよい

>>続きを読む

このページのトップヘ